サステナビリティ

v2foodの取り組み

v2foodのミッション

「現在の食材の生産・供給システムはバージョン1です。もうそれだけでは十分ではありません。 私たち自身の健康と地球の健康のためにバージョン2が必要です。 私たちはCSIROの最新の科学を使用し、急速に増加する世界人口のニーズを満たす、美味しい植物ベースの食品を生産しています。」

CEO兼創立者: ニック・ヘイゼル

Hand holding up mini globe of Earth

地球が抱える問題とv2foodの使命

世界人口100億人、私たちの多くは予想していなかった数字ですが、後わすか数十年で到達すると予測されています。それはまた、根本的に実存する問題を提起するものでもあります。私たちの地球を保護しながら、この将来の人口に対し、どのように十分な食料を供給できるのでしょうか?

この未来予測により、人々は持続可能な選択の必要性を迫られることになると考えられます。 その解決のためにv2foodは、オーストラリアを牽引する研究機関のCSIROと協力し、最新の農業テクノロジーと食品科学の革新を活用し、健康と食料安全保障をサステナブルにサポートできるフードシステムを再設計していきます。

v2foodの活動

サステナブルなバージョン2の肉の生産・供給に向け活動を続けてるv2foodは、その目標に向け、重要なステップをすでに実行しています。

  • 2千万豪ドルを投資し、Wodonga地方(VIC州)に独自の持続可能な生産施設を建設。100%再生可能エネルギーで稼働中。
  • この生産施設に、100kwhの太陽光発電システムを導入し、1日あたり400kw分の消費電力を補っている。
  • パートナー企業の技術を導入、研究機関との提携を通じて炭素隔離プロジェクトを推進。 大気から土壌への炭素吸収量を高めており、将来的にはカーボンネガティブを目指す。
  • 堆肥化できる包材を開発中。現在小売商品の包装には100%リサイクル可能素材を使用。
Customers queing to try Soul Burger meat free burger made with v2 plant-based mince at Soul Burger Glebe

将来のためのビジョンとチャレンジ

v2foodの活動は、オーストラリアの農業産業と世界の炭素排出量の両方に対して、大きな影響をもたらすと信じています。

v2foodは、カーボンネガティブである未来に向けて取り組んでいます。v2foodが生産する大量の作物を通じ、カーボンオフセットの実践を行なっており、オーストラリアを世界の他の地域の炭素吸収源として機能させ、従来の農業による温室効果ガス排出という悪いサイクルを改善させることを目指しています。

また、今後更なるコストダウンを目指しており、肉より低価格での大量販売が可能となる見込みです。世界中の人々に栄養価の高い美味しいタンパク質を提供するで、SDGsが掲げるゼロ・ハンガー(飢餓をゼロに)への貢献を目指します。

v2foodのグローバルゴール

国連のSDGsの目標を達成するためには、地球の生態系を維持するために、世界の食料システムに変革をもたらす必要があります。 v2foodは、現在そして将来にわたって地球と私たちの生き方に利益をもたらすために、今日より良い選択をする活動に取り組んでいます。